世田谷整体院における頭痛と慢性疲労の改善例です。

頭痛と慢性疲労でお困りの患者さんの症状

30歳代前半の女性患者さんの頭痛と慢性疲労の改善例です。下記のような症状でお困りでした。

  • 数ヶ月前から頭痛が発生し同時に強い疲労感も感じるようになった。
  • 頭痛は側頭部が痛くなる偏頭痛タイプ。脳外科でMRIを撮ったが脳に異常はなし。
  • 頭痛薬を飲んでいるが最近は薬を飲んでも効かない事が多い。
  • 疲労感は特に午後から強くなり家に帰るとなにもせずにバタンキュウの状態。
  • 内科で血液検査をしたが肝臓の数値が悪くなっていると言われた。

千歳烏山の世田谷整体が考える今回の頭痛と慢性疲労の原因

頭痛と疲労の根本原因

  • 脳の中の扁桃体(ストレスを感じる部位)がかなりの興奮状態。
  • 自律神経は交換神経が優位になっている。
  • 内臓は肝臓の働きが低下

補足説明

強いストレスが続くと脳の感情を感じる部位である扁桃体と呼ばれる場所が興奮状態となります、扁桃体は興奮すると腫れた状態となり周囲の神経圧迫して頭痛が発生します。扁桃体は側頭部にあるので側頭部の頭痛が発生したと推測されます。
また、扁桃体が興奮すると自律神経の交換神経が優位になります、交換神経が優位な状態が続くと体の中に活性酸素と呼ばれる酸化力の強い酸素が大量に発生し細胞を酸化させてしまいます。特に肝臓が活性酸素の影響を強くうけるそうです、ストレスが続く事で肝臓も次第に機能低下をきたしますが、肝臓が機能低下すると強い疲労感をく感じるようになります。肝臓は寝ている時に回復するので午前中はなんとか頑張ってくれるのですが時間の経過とともに肝臓が疲れて来て午後からより疲労感が強くなります。
患者さんが感じている強い疲労感は肝臓の機能低下が影響しているものと推測されます。

世田谷整体の頭痛・疲労感に対する施術方法

  • 脳の中の扁桃体の興奮を抑制
  • 自律神経を調整し交換神経の優位を抑制する
  • 機能低下している肝臓を回復させる
  • ストレスの影響をうけにくくするために脳のトレーニング方法をアドバイス

患者様の症状の改善状況

  • 来院時も頭痛が発生していましたが初回の施術後に頭痛は解消
  • 2回目来院時には頭痛は発生すものの頻度と痛みの程度が半分以下になったとのこと、また疲労感も施術受けた日はグッスリ眠れて朝起きた時に体が凄く軽く感じたとの事
  • 週1回の施術を続けましたが施術の事に頭痛の頻度が減少、また疲労感も減少が感じられる
  • 1クール(5回)終了後は頭痛はほとんど出なくなった。疲労感も以前と比べて20%程度まで軽減。
  • ストレスが強い職場との事なので1クール終了後は毎月1回のメンテナンス施術をお受け頂いていますが、頭痛はほとんど出ることはなく、疲労感も仕事が忙しい時期は感じるが仕事が忙しくない時期はあまり疲労感を感じる事がなくなったとの事

世田谷整体の頭痛と疲労感に対する見解

世田谷区千歳烏山の世田谷整体院では頭痛や疲労感が強い患者さんの施術を沢山行なって来ましたが、頭痛や疲労感の原因は一つではなく様々なケースが存在するのですが、一番多い原因はメンタル面のストレスです。
ストレスが強いと既に説明したように脳の中の扁桃体が興奮してむくんだ状態になり頭痛が発生します。また自律神経も乱れて戦闘時の自律神経である交換神経が優位になる事で体内に活性酸素や老廃物が大量に発生し内臓や体全体の細胞にもダメージを与えます。

ストレスは相手があることなのでなかなか避ける事は難しい場合が多いのですが、ストレスを避ける事が難しい環境の患者様には、上記のような施術だけではなく、脳がストレスを感じにくくなる各種のトレーニング方法もアドバイスしています。
また定期的に(1回月に1回程度)メンテナンス通院していただくことで、脳の興奮状態や内臓の疲労を事前に発見して初期の内に回復させることで良い状態が維持して頂いている患者さんが多いです。